京都 伏見のバイクショップ SBS京橋ツーソン

スズキニューモデル (2020年)

GIXXER SF250


新開発の油冷SEPエンジンには、スズキの最新技術を投入したオイル冷却システムSOCS(Suzuki Oil Cooling System)を搭載。
軽快かつ爽快な走りを可能にするロードスポーツモデル、ジクサーSF250誕生。

 

ジクサーSF250を特徴付ける、様々な個性。

ALL NEW ENGINE

新たに開発された単気筒SOHC4バルブ249cm3エンジンは冷却方式に油冷を採用し、高出力でありながら軽く、小さく、シンプルにそして環境性能に優れたエンジンとなるよう開発された。スズキの持つ技術が惜しみなく投入されたこのエンジンは、最高出力19kw(26ps)を発揮。低回転域で粘りのあるトルク感を演出しながら、中高回転域では気持ちの良い加速感を実現した。また軽量なエンジンは運動性能にも大きく寄与し、ジクサーの車体と相まってライトウェイトスポーツの楽しさを体現している。

SUZUKI OIL COOLING SYSTEM (SOCS)

SOCS(Suzuki Oil Cooling System)を新たに採用。エンジンの燃焼室周りにオイルジャケットと呼ばれる冷却回路を作成、そこにオイルを通す事で冷却する方式とした。潤滑とは独立した回路とし、オイルクーラーで冷やしたオイルを直接オイルジャケットに速い速度で通す事でエンジンを冷却している。またオイルジャケットの中にバウンダリーレイヤーブレーカーと呼ばれる突起を作る事によってオイルの流れる速度を変化させ冷却効率を高めている。

OIL COOLER

放熱の要となるオイルクーラーは大きさを最適化。さらに渋滞などの無風状態における放熱を考慮し電動冷却ファンを装備。

PISTON

ピストンスカート中心にシナジーサークルテクスチャコーティングを施す事で必要な油膜を保持すると同時に、スカートの左右端に縦溝を配置して余分なオイルを整流、排出することでフリクションロスの低減を実現。

SUZUKI EASY START SYSTEM

ワンプッシュで始動可能なスズキイージースタートシステムを装備。スタートボタンを押すと一定時間スターターモーターが回転。ECMが始動状況を確認してスターターモーターを止める。

DESIGN SKETCH

滑らかなボディワークで形成された低く構えたスタイリングは、力強さとグラマラスさを兼ね備えダイナミックで魅力的な走りを予感させる。

HEADLIGHT

低く構えたフロントカウル先端にワイドな形状の新設計LEDヘッドライトを装備。ヘッドライトレンズにも特徴的なラインを入れた特色あるヘッドライトは一目でジクサーSF250とわかるデザインとした。

HANDLE

ジクサーSF250にはスポーティなセパレートハンドルを装備。スポーティな走りと日常での快適性を両立。

COWL

力強く躍動感あるスタイリングを形成する新設計のカウルは、ダイナミックなフロントフェイスと流れるようなキャラクターラインを両立。低く構えたスタイリングとしながらも、ライダーの快適性、操縦安定性に貢献。

TAILLIGHT

新設計のLEDリアコンビネーションランプを採用。

充実の装備

快適な走りを生み出す、ジクサーSF250の装備。

INSTRUMENT PANEL

軽量で多機能なインストルメントパネルは、フル液晶ディスプレイを装備。液晶ディスプレイ内にはバータイプのタコメーター、デジタルスピードメーター、オドメーター、ギヤポジションインジケーター、デュアルトリップメーター、燃料計、時計をわかりやすく表示。ディスプレイ左右にはターンシグナルインジケーター、ニュートラルインジケーター、ハイビームインジケーター、エンジン警告灯、ABS警告灯、エンジン機温警告灯に加え、ライダーの好みに応じて任意の回転数で点灯または点滅するRPMインジケーターを搭載。また、オイルチェンジインジケーターを採用、初回1,000km以降6,000km毎に交換時期を表示。

  • インジケーターランプは、撮影用に点灯させたものです。
  • 写真はジクサー250です。

PILLION RIDER HANDLE

スポーティな外観のリアグリップはアルミダイキャスト製とし、デザイン性を高めながら剛性感と質感を確保。また握りやすい形状とする事でパッセンジャーをサポート。

MUFFLER

ジクサー250のシルエットにマッチするデュアルテールエンドを持つショートマフラーは、低中速域の力強さと共に上質なサウンドを実現。スポーティな形状に加えサテンメッキを施したエンドカバーがさらに質感を高めている。

BRAKE

ABS(アンチロックブレーキシステム)を標準装備。フロントに直径300mmの大径ディスクを装備。リヤには直径220mmディスクを装備し、高い制動力を発揮する。

  • ABSは制動距離を縮めるものではありません。また、コーナリング中のブレーキングによる車輪の横滑りはコントロールすることができません。ABSを過信せずに安全運転を心がけてください。

FRONT FORK / WHEEL

新開発のフロンフォークは、インナーチューブ直径を41mmとし高剛性でありながら、しなやかな動きで高いハンドリング性能を発揮。またホイールにはスポーティかつプレミアム感あふれる切削加工を施した10スポークアルミキャストホイールを採用。

SWING-ARM MOUNT FENDER

特徴的なスイングアームマウントフェンダーは機能性とデザイン性を両立。泥はねを抑制しながら力強く躍動感あるスタイリングとした。

REAR SUSPENSION

市街地からスポーツ走行まで快適な乗り心地を発揮する専用開発されたモノサスペンションを採用。7段階のプリロードアジャスターを装備し、ライダーの好みに合わせて調整が可能。

マットプラチナシルバーメタリックNo.2(SAB)マットブラックメタリックNo.2(YKV)
トリトンブルーメタリック(YSF)

 


主要諸元

型式 2BK-ED22B
全長 / 全幅 / 全高 2,010mm / 740mm / 1,035mm
軸間距離 / 最低地上高 1,345mm / 165mm
シート高 800mm
装備重量 ※1 158kg
燃料消費率 ※2 国交省届出値 ※3 45.0km/L(60km/h)2名乗車時
WMTCモード値 ※4 37.7km/L(クラス3、サブクラス3-1)1名乗車時
最小回転半径 2.6m
エンジン型式 / 弁方式 EJA1・油冷・4サイクル・単気筒 / SOHC・4バルブ
総排気量 249cm3
内径×行程 / 圧縮比 76.0mm × 54.9mm / 10.7
最高出力 ※5 19kW〈26PS〉/ 9,000rpm
最大トルク ※5 22N・m〈2.2kgf・m〉/ 7,300rpm
燃料供給装置 フューエルインジェクションシステム
始動方式 セルフ式
点火方式 フルトランジスタ式
潤滑方式 ウェットサンプ式
潤滑油容量 1.8L
燃料タンク容量 12L
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1速 2.500
2速 1.687
3速 1.315
4速 1.111
5速 0.954
6速 0.826
減速比(1次 / 2次) 3.086 / 3.076
フレーム形式 ダイヤモンド
キャスター / トレール 24°20' / 96mm
ブレーキ形式(前 / 後) 油圧式シングルディスク(ABS) / 油圧式シングルディスク(ABS)
タイヤサイズ(前 / 後) 110/70R17M/C 54H / 150/60R17M/C 66H
舵取り角左右 35°
乗車定員 2名
排出ガス基準 平成28年国内排出ガス規制に対応

 

・ツーソン特価:お問い合わせください
・メーカー希望小売価格:481,800円(税込)
ホームページを見たとお気軽にお電話ください!(075-601-9190)

  • メーカー希望小売価格には、保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません。
  • メーカー希望小売価格は参考価格です。販売価格は各販売店が独自に定めていますので、詳しくは販売店にお問い合わせ下さい。
  • メーカー希望小売価格は消費税10%にもとづく価格です。
  • 製造事業者:スズキモーターサイクルインディア社
  • 製造国:インド
  • 輸入事業者:スズキ株式会社

  • 装備重量は、燃料・潤滑油・バッテリー液を含む総重量となります。
  • 燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。
  • 定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です。
  • WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます。
  • エンジン出力表示は「PS/rpm」から「kW/rpm」へ、トルク表示は、「kgf・m/rpm」から「N・m/rpm」へ切り替わりました。〈 〉内は、旧単位での参考値です。
  • 車体色はモニター表示のため、実物とは異なる場合があります。
  • この仕様は改良のため予告なく変更する場合があります。
  • 掲載写真には、合成または、特別に許可を得て撮影したものが含まれます。