京都 伏見のバイクショップ SBS京橋ツーソン

スズキニューモデル (2020年)

GSX-S125 ABS



スーパースポーツのDNAを受け継ぐGSX-S125。
それは、ストリートでのエキサイティングな走りのために生まれた。
GSX-Rのエンジンとコンポートネントを継承し最新のテクノロジーが投入されたGSX-S125は、爽快なスポーツライディングを約束する。

MEET THE NEW LIGHTWEIGHT KING OF THE STREETS,
THE SUZUKI GSX-S125

力強い加速と、軽快なハンドリング、高い燃費性能を持ち、アップライトなライディングポジションと良好な足つき性により、快適な乗り心地を実現。LEDヘッドランプを装備し、多機能液晶インストルメントパネルはスタイリッシュなメーターバイザーに内蔵。街中をスポーティに駆け抜け、ツーリングまで幅広く楽しめる魅力的なモデルです。スーパースポーツ譲りのエンジンと最新技術、そして高い質感と美しいカラーリングは、圧倒的な存在感を放ちます。

最適なフレームデザイン

GSX-S125のスチール製パイプフレームは、最適なねじり剛性と軽さを兼ね備え、高い安定性と、コーナリングでの軽快な操作性を両立。装備重量133kg、ホイールベース1,300mmと785mmのシート高は、日常での取り回しのしやすさと、良好な足つき性を実現。 装備重量は、燃料・潤滑油・冷却水・バッテリー液を含む総重量となります

魅力的でアグレッシブなスタイル

GSX-S125のスタイリングは、コンパクトながらアグレッシブな印象を表現。スリムな車体としつつも、燃料タンクとシュラウドの造形によりグラマラスさを演出。また、ボディシェイプは、GSX-Sシリーズ共通のイメージとなる低く構えた攻撃的なスタイルを踏襲。

 


LEDヘッドランプ

スズキのアイデンティティである縦型2灯のヘッドランプは、低く構えたフロントカウルの先端に、ロー&ワイドフォルムのLEDを装備。切れ長のポジションランプとし、幅を持たせたデザインとすることで、より低さを強調。また、ナンバープレートランプにもLEDを採用。

 


GSX-Rエンジンの継承

GSX-Rの開発で培った知識と経験を活かし、優れた燃焼効率、スポーティなエンジン特性と、高い燃費性能のバランスがとれた高性能エンジンを実現。エンジン性能の最も効率的なボア×ストロークの組み合わせを見つけるために、実験を重ねた結果、62mm×41.2mmのオーバースクエアデザインを採用。直径24mmの吸気バルブ×2と、直径21mmの排気バルブ×2を配置した燃焼室は、圧縮比を最適化し、力強い加速と高い燃費性能を両立。シリンダーには、スズキ独自のSCEM(Suzuki Composite Electrochemical Material)メッキシリンダーを採用。フリクションの低減と、高い放熱性、耐摩耗性、気密性を確保。大型ラジエーターを装備し、高い冷却性能を誇る。6速トランスミッションを採用し、低回転から高回転までスムーズに吹け上がるエンジンはGSX-S125の魅力となる。

 

高度なインジェクションシステム

GSX-S125は6つのセンサー※ を搭載したインジェクションシステムを採用。様々なライディングコンディションで最適な制御を実現し、パワフルさと高い燃費性能を両立。4穴のインジェクターは、2つの吸気バルブに向けて噴射し、吸気効率を向上。大容量エアクリーナボックスは力強い加速に貢献する。

  • 6センサー:O2センサー、水温センサー、吸気温センサー、スロットルポジションセンサー、吸気圧センサー、クランクポジションセンサー

高性能エキゾーストマフラー

エキゾーストシステムは、排気口の2つの直径が異なるデュアルテールエンドマフラーを採用。スポーティで特徴的な外観だけでなく、上質な排気音を実現。平成28年国内排出ガス規制に対応している。

 

多機能インストルメントパネル

フル液晶ディスプレイを用いた軽量なインストルメントパネルは、背景が黒のネガティブ液晶を採用。スピードメーター、タコメーター、オドメーター、デュアルトリップメーター、ギアポジションインジケーター、平均燃費計、オイルチェンジインジケーター、燃料計、時計を表示する。また、ディスプレイ横には、ターンシグナルインジケーター、ニュートラルインジケーター、ハイビームインジケーター、エンジン警告灯、水温警告灯、ABS警告灯、エンジンRPMインジケーターが配置されている。

  • すべてのライトとインジケーターは撮影用に、点灯させたものです。

スズキイージースタートシステム

ワンプッシュで始動可能なスズキイージースタートシステムを装備。スタートボタンを押すと一定時間スターターモーターが回転。ECM(Engine Control Module)が始動状況を認識してスターターモーターを止める。右手元には後続車へのサインに便利なハザードスイッチを装備。

シャッター付キーシリンダー

鍵穴へのいたずらや盗難を抑止する、シャッター付キーシリンダーを装備し、鍵穴をしっかりガード。メインキーに付属する専用マグネットを使用しワンプッシュでシャッターを開け、シャッターレバーを押すとシャッターが閉じる。これにより、手袋を着用しても簡単に開閉することが可能となる。

 

アルミキャストホイール


新設計の10本スポークアルミキャストホイールは、スポーティな外観と軽快なハンドリングを両立。タイヤは、ダンロップ製D102を採用。
 

ABS(アンチロックブレーキシステム)とペタルタイプディスクブレーキ

最新の小型軽量ABS制御ユニットを採用。ABSは、車輪速度を監視し、ロック傾向を感知すると作動する。
ブレーキディスクには、スポーティな印象のペタルタイプを採用。直径290mmフロントディスク、直径187mmリヤディスクを装備。
優れた制動性能を発揮する。

  • ABSは制動距離を短くするためのシステムではありません。また、コーナリング中のブレーキングによる車輪の横滑りはコントロールすることができません。ABSを過信せずに安全運転を心がけてください。
 

GSX-Sの血統を受け継いだスポーツネイキッド

NEWライトウェイトストリートキング、GSX-S125。
「GSX-S」の名に相応しいアグレッシブなスタイルを纏い、街をスポーティに駆け抜ける。


主要諸元

型式 2BJ-DL32B
全長 / 全幅 / 全高 2,000mm / 745mm / 1,035mm
軸間距離 / 最低地上高 1,300mm / 165mm
シート高 785mm
装備重量 ※1 133kg
燃料消費率 ※2 国土交通省届出値:定地燃費値 ※3 48.2km/L (60km/h) 2名乗車時
WMTCモード値 ※4 45.1km/L (クラス2、サブクラス2-1) 1名乗車時
最小回転半径 2.3m
エンジン型式 / 弁方式 CFA1 ・ 水冷 ・ 4サイクル ・ 単気筒 / DOHC ・ 4バルブ
総排気量 124cm3
内径×行程 / 圧縮比 62.0mm × 41.2mm / 11.0:1
最高出力 ※5 11kW 〈15PS〉 / 10,000rpm
最大トルク ※5 11N・m 〈1.1kgf・m〉 / 8,000rpm
燃料供給装置 フューエルインジェクションシステム
始動方式 セルフ式
点火方式 フルトランジスタ式
潤滑方式 ウェットサンプ式
潤滑油容量 1.5L
燃料タンク容量 11L
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比1速 2.923
2速 1.933
3速 1.476
4速 1.217
5速 1.045
6速 0.925
減速比(1次 / 2次) 3.285 / 3.214
フレーム形式 ダイヤモンド
キャスター / トレール 25°30' / 93mm
ブレーキ形式(前 / 後) 油圧式シングルディスク(ABS) / 油圧式シングルディスク(ABS)
タイヤサイズ(前 / 後) 90/80-17M/C 46S / 130/70-17M/C 62S
舵取り角左右 40°
乗車定員 2名
排出ガス基準 平成28年二輪車排出ガス規制に対応

・ツーソン特価:お問い合わせください
・メーカー希望小売価格:360,800円(税込)
ホームページを見たとお気軽にお電話ください!(075-601-9190)

■メーカー希望小売価格には、保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません。
■メーカー希望小売価格は参考価格です。販売価格は各販売店が独自に定めていますので、詳しくは販売店にお問い合わせ下さい。
■メーカー希望小売価格は消費税10%にもとづく価格です。
  • 製造事業者:スズキ・インドモービル・モーター社
  • 製造国:インドネシア
  • 輸入事業者:スズキ株式会社
  1. 装備重量は、燃料・潤滑油・冷却水・バッテリー液を含む総重量となります。
  2. 燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。
  3. 定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です。
  4. WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます。
  5. エンジン出力表示は「PS/rpm」から「kW/rpm」へ、トルク表示は、「kgf・m/rpm」から「N・m/rpm」へ切り替わりました。〈 〉内は、旧単位での参考値です。
  • 車体色はモニター表示のため、実物とは異なる場合があります。
  • この仕様は改良のため予告なく変更する場合があります。
  • 掲載写真には、合成または特別に許可を得て撮影したものが含まれます。