京都 伏見のバイクショップ SBS京橋ツーソン

スズキニューモデル (2020年)

Vストローム1050

THE MASTER OF ADVENTURE


掲載のV-STROM1050は、用品(別売り)装着車です。掲載の写真は、全てV-STROM1050XTです。

低回転から豊かなトルクを発生する扱いやすいパワフルな90°VツインDOHC4バルブエンジンを搭載。
市街地での走行から、ロングツーリングまで幅広く楽しめる快適なパフォーマンスを実現。
冒険心溢れるスズキ伝統のスタイリングイメージを継承しながら、軽快なハンドリングとツーリングでの高い快適性を備えたスポーツアドベンチャーツアラー新世代のV-STROM1050/XTが誕生。
次なる一歩を踏み出す。

DESIGN IS IN OUR DNA

  • 掲載の写真は、全てV-STROM1050XTです。

新しいスタイリング

「クチバシ」デザインの先駆者として、スズキ伝統のスタイリングイメージを継承しながら、アグレッシブさと力強さに磨きをかけ、さらにスズキらしいオリジナリティを追求。
伝統的なデザインに先進性と独自性のあるスタイルを融合した、新世代のV-STROMのデザイン。

V-STROM1050/XTの設計

DESIGN IS IN OUR DNA

  • 写真はイメージです。

軽量な角形デザインのLEDヘッドランプを搭載。
ロービームで上側、ハイビームで上下が点灯。

テールランプ、ストップランプにはLEDを採用。
スタイリッシュなデザインと優れた視認性を実現。

シリンダーヘッドカバー、マグネットカバー、ウォーターポンプケース、クラッチカバーはブロンズカラーで仕上げられており、黒いエンジンボディとのコントラストが美しい、際立つ外観とした。

高い走破性と走行安定性を発揮する電子制御システム

  • 掲載の写真は、全てV-STROM1050XTです。

スズキインテリジェントライドシステム(S.I.R.S)

様々な走行シーンに対応する電子制御システムS.I.R.S(スズキインテリジェントライドシステム)を装備。
S.I.R.Sは、モーショントラックブレーキシステム、ヒルホールドコントロールシステム、スロープディペンデントコントロールシステム、ロードディペンデントコントロールシステム、クルーズコントロールシステム、スズキドライブモードセレクター(SDMS)、トラクションコントロールシステムを搭載。
長距離ツーリングや日常生活で求められる使いやすさと利便性を向上させた。

A.モーショントラックブレーキシステム XT ONLY

6軸のIMUとABSコントロールユニットを組み合わせる「モーショントラックブレーキシステム」を採用。ブレーキ入力した際に前後の車輪速センサー及びIMUから得た情報を基にABS介入の要否を判断。介入する場合はこれらの情報に応じた高度な制御を行う。

  • ABSは制動距離を短くするためのシステムではありません。コーナーの手前では十分に減速するなど、走行環境に合った安全運転を心がけてください。

B.ヒルホールドコントロールシステム XT ONLY

上り坂でブレーキをかけ完全に停止すると、IMUの情報から車体姿勢を推定。ブレーキを放しても約30秒間リヤブレーキを自動的に作動。これにより、再スタートする際、後退を最小限に抑えながら、スムーズな発進をサポート。これにより、ライダーは上り坂でのスムーズなスタートに集中できる。

  • 操作条件
    • 上り坂で停車しているとき
    • フロントブレーキ、リヤブレーキまたはその両方をかけているとき
    • ヒルホールドコントロールシステムがOFFに設定されていないとき
    • ギヤポジションがニュートラルでないとき
    • サイドスタンドを外しているとき
  • ホイールの回転が完全に止まっていないと機能しません。

C.スロープディペンデントコントロールシステム XT ONLY

下り坂を走行しているとき、ライダーがブレーキ操作を行った場合に、IMUの情報から車体姿勢を推定し、勾配に応じてABSの作動を最適化することで、後輪のリフトを減らすことにより安定した制動を行う。

D.ロードディペンデントコントロールシステム XT ONLY

常にブレーキの入力に対する減速度を学習し、先のブレーキングに対して減速度が変化している場合に、連動ブレーキがブレーキ圧を補正するシステムで、車両の荷重状態に応じてライダーの制動操作をアシスト。ABSユニットと前後車輪センサーがブレーキ入力に対する減速度を算出し、減速度が落ちていたら(つまり制動距離が伸びていたら)ABSユニットが連動ブレーキの効きを補正し、一人乗り或いは荷物の積載が無い状態の制動距離に近づける。

  • 制動距離は、道路状況に応じて変化します。コーナーの手前では十分に減速するなど、走行環境に合った安全運転を心がけてください。

E.クルーズコントロールシステム XT ONLY

●左ハンドルバー ●インストルメントパネル ●右ハンドルバー

ライダーがスロットルを操作することなく設定速度を維持できるクルーズコントロールシステムを装備。走行中に「クルーズコントロールスイッチ」を操作することで、アクセルを操作しなくても、設定された速度(約50km/h~)の巡航が可能。
高速道路走行時や、長距離走行時にライダーの疲労を軽減する。

F.スズキドライブモードセレクター(SDMS)

スズキドライブモードセレクター(SDMS)は、左ハンドルバースイッチにより、「A」・「B」・「C」の3つの走行モードから任意のモードを選び、エンジン制御マップの切り替えが可能。ワインディング、市街地、高速クルージングなど、様々なライディングコンディションにおいて、ライダーの好みに応じた走行モードを選択することができる。

G.トラクションコントロールシステム

エンジン出力を効率よくリヤタイヤに伝えることが可能になり、より快適なライディングを楽しむことができる。
路面の状況、あるいは個人の好みや経験レベルに合わせて、3段階+OFFの4モードからトラクションコントロール介入レベルを選択できる。前後輪の速度センサー、スロットルポジションセンサー、クランクポジションセンサーおよびギヤポジションセンサーの情報により、リヤタイヤのホイールスピンを検出した際、速やかにエンジン出力を低減するシステム。

  • トラクションコントロールシステムは、あらゆる条件下で後輪のスリップ(スピン)を完全に制御したり転倒を防止したりするものではありません。

電子制御スロットルシステム

軽量コンパクトな直径49mmの電子制御スロットルボディを搭載。完全にワイヤーケーブルが無いタイプとしながらも、構造の改良によって、リニアでスムーズなスロットルフィーリングを実現。前後シリンダーには、それぞれ独立したスロットルボディを装備。
正確な制御を行うためバタフライバルブを作動させる独自のモーターを搭載。これにより、低回転時のアイドリングをより安定させることが可能となり、よりリニアなスロットルレスポンス、全回転域における排出ガス低減し、優れた環境性能にも貢献する。

IMU XT ONLY

新たにボッシュ製の6軸IMUを採用。ピッチ、ロール、ヨーの3軸の角速度センサー(ジャイロメーター)と前後、左右、上下の3軸加速度センサーを1つのコンパクトなユニットに装備。車両の動きをリアルタイムに検出することにより、モーショントラックブレーキシステム、ヒルホールドコントロールシステム、及びスロープディペンデントコントロールシステムを制御。

パワフルなVツインエンジン

洗練されたVツインエンジン

水冷DOHC1036cm3 90°Vツインエンジンは、低回転から豊かなトルクを発生し、高回転までスムーズに吹けあがる扱いやすい特性。高いパフォーマンスと環境性能を両立させたエンジンは、令和2年国内排出ガス規制に対応。
大排気量Vツインエンジンならではの、鼓動感とパワフルな走行フィーリングで走る楽しさを実現。

ローRPMアシスト

発進時や低回転走行時に、エンジン回転数、ギヤポジション、スロットル開度、クラッチスイッチの情報を用いて制御するローRPMアシストを採用。発進時のエンジン回転の落ち込みが緩和され、スムーズな発進を実現。また渋滞時の低速走行や、Uターンの際もエンジン回転の落ち込みを感じにくく安心感が得られる。

スズキイージースタートシステム

ワンプッシュでエンジン始動が可能なスズキイージースタートシステムを装備。スターターボタンを押すと一定時間スターターモーターが回転。ECM(Engine Control Module)が始動状況を認識してスターターモーターを止める。スターターが作動してエンジンが始動するまで、スターターボタンを押し続ける必要はありません。

スズキクラッチアシストシステム(SCAS)

スズキクラッチアシストシステム(SCAS)

スズキクラッチアシストシステム(SCAS)の採用により、ライダーの負担を軽減。傾斜したクラッチプレートドライブカムが内蔵され、加速時にはアシストクラッチとして機能し、エンジン出力を効率よく伝達しながらレバーを引きやすくし、長時間のツーリングでの疲労を軽減する。
シフトダウン時には、クラッチプレートの圧力を下げスリッパークラッチとして機能し、スムーズなシフトダウンを実現する。

カムシャフトとカムタイミング

カムプロファイル

吸気、排気ともにカムプロフィール、カムタイミングを最適化。バルブリフト量を増加させ、オーバーラップ量を減らした。
これにより、燃焼効率が向上し、優れた出力特性と排出ガス軽減に貢献する。

デュアルスパークテクノロジー

デュアルスパークテクノロジー

1気筒あたり2本のスパークプラグを持つ、スズキデュアルスパークテクノロジーを採用。高い燃焼効率により、スムーズな出力特性と高い燃費性能、排出ガス低減に貢献している。

ECM

ECM

新開発のECMは、最先端のエンジンマネジメントを提供し、令和2年国内排出ガス規制に対応しつつ、高い燃費性能やリニアなスロットルレスポンスを実現。

水冷式オイルクーラー

水冷式オイルクーラー

水冷式オイルクーラーを採用。
オイルフィルターが取り付けられている場所に配置しており、軽量コンパクトで、省スペースを実現。
より高いエンジン出力に貢献する。

ホイールとサスペンション

フロントフォークアジャスター リヤサスペンションアジャスター V-STROM1050XT V-STROM1050

フロントには、剛性が高く、直径43mmKYB製倒立フロントフォークを採用。無段階のダンピングアジャスターとスプリングプリロードアジャスターを装備。リヤには、KYB製リンク式モノショックリヤサスペンションは、工具なしでスプリングプリロードを調整が可能な、ノブ式プリロードアジャスターを採用。伸び側減衰力調整機構も装備し、二人乗りや荷物の積載状況、路面状況に合わせた細かなセッティングを行うことができる。「V-STROM1050XT」のアルミニウムワイヤースポークホイール、「V-STROM1050」には、10スポークアルミニウムキャストホイールを装備。
高い快適性と爽快な乗り心地を提供。タイヤは、フロント110/80R19、リヤ150/70R17の専用設計されたブリヂストン製BATTLAX Adventure A41を採用。軽快なハンドリングと高いグリップ力に貢献する。

耐久性のあるダイヤモンドフレーム

軽量のアルミ製ダイヤモンドフレームは、安定感あふれる走りと操作性を追求することで、優れた剛性バランスを実現し、アルミ製スイングアームと相まって高い直進安定性とコーナリング性能を提供。

快適なパワー

  • 掲載の写真は全てVストローム1050XTです。

新しい世代をリードする

新世代のV-STROMは、最新の機能を備えている。

多機能インストルメントパネル

Photo左:V-STROM1050XT、右:V-STROM1050

軽量コンパクトなフル液晶ディスプレイ多機能インストルメントパネルを採用。V-STROM1050は背景が白、V-STROM1050XTは背景が黒の液晶を採用。フル液晶ディスプレイとすることで、豊富な情報をライダーに提供。6段階の輝度調整が可能。液晶ディスプレイには、エンジン回転インジケーター、サービスリマインダー、タコメーター、ギヤポジションインジケーター、水温計、フューエルメーター、スピードメーター、油温/水温/バッテリー電圧警告インジケーター、SDMSモード、トラクションコントロールモード、時計、温度計、故障診断、瞬間燃費計、トリップメーター(A、B)、平均燃費計、電圧計、オドメーター、航続可能距離計を表示。V-STROM1050XTは、クルーズコントロール、ヒルホールド、ABSモードも表示。ABS警告灯、ターンシグナル、エンジン回転、TC、ニュートラル、エンジン警告灯、マスターウォーニング、ハイビーム、フリーズ、水温/油圧/電圧警告の各インジケーターランプは、液晶ディスプレイパネルの左右に見やすく配置。V-STROM1050XTは、クルーズコントロールインジケーターも表示する。エンジン回転インジケーターランプは、インストルメントパネル上部に配置し、見やすさを追求。任意の回転数で点灯するようプログラム可能。

  • フリーズインジケーターは、外気温が3℃以下で点灯。5℃を上回ると消灯。
    • インジケーターランプは撮影用に点灯させたものです。

  1. 左側のハンドルバーのスイッチを使用して、モードメニューと設定を変更できます。
  2. SDMSモード、トラクションコントロールモードは、タコメーターの右下に集中しています。V-STROM1050XTのみABSモードも表示。
  3. V-STROM1050XTのみ速度表示の右上にクルーズコントロールの動作ステータスがあります。

USBソケット

USBソケットをメーターパネルの左側に装備。スマートフォン、ナビゲーションシステム、またはその他の同様のデバイスの電源として使用できる。

  • アイドリングやエンジン停止中にUSBソケットを使用すると、バッテリーあがりの原因となります。

風をコントロールするウィンドスクリーン

高さを調整可能な可変ウィンドスクリーンを装備。風洞実験により開発されたスクリーンは、快適性を追求。ライダーの好みに応じて高さを調節することを可能とした。また、ウィンドスクリーン後部にアクセサリーを装着するのに便利なバーも装備。

快適なシート

前後に分かれたセパレートシートを採用。シート表皮は、グリップ力が高い素材を使用。新設計のシート形状により、長距離ツーリングなどライディング時の安定性を高め、疲労を軽減する乗り心地を実現。

アルミテーパーハンドルバー

アドベンチャー感を刺激する堅牢なイメージを提供するテーパーハンドルバーを標準装備。

V-STROM1050XT 専用の装備 XT ONLY

アンダーカバー ナックルカバー アクセサリーバー LEDターンシグナル ワイヤースポークホイール センタースタンド 専用ミラー インストルメントパネル

V-STROM1050XTには、アンダーカバー、アクセサリーバー、ナックルカバー、LEDターンシグナル、ワイヤースポークホイール、専用ミラー、センタースタンドなどを標準装備。インストルメントパネルは、背景が黒の液晶を採用。

シート ウィンドスクリーン

シートはライダーの体格に合わせ、標準位置より20mm高くできる2段階調整機構を装備。ウィンドスクリーンは、工具なしで上下50mmの範囲で11段階の高さ調整が可能。

リヤコンビネーションランプ 12V DCソケット(写真の小物は撮影用に用意したものです。)

リヤコンビネーションランプにクリアレンズを採用することにより、高級感を演出。
12V DCソケットは、リヤーシートの下に装備。

  • アイドリング中に12W以上のアクセサリーを使用すると、バッテリーあがりの原因となります。

主要装備

グラススパークルブラック/ソリッドアイアングレー(BTH)グラススパークルブラック/ブリリアントホワイト(B1G)
グラススパークルブラック(YVB)

 

 


主要諸元

型式 8BL-EF11M
全長 / 全幅 / 全高 2,265mm / 870mm / 1,515mm
軸間距離 / 最低地上高 1,555mm / 165mm
シート高 855mm
装備重量 ※1 236kg
燃料消費率 ※2 国土交通省届出値:定地燃費値 ※3 29.2km/L(60km/h) 2名乗車時
WMTCモード値 ※4 20.3km/L(クラス3、サブクラス3-2) 1名乗車時
最小回転半径 3.0m
エンジン型式 / 弁方式 U502・水冷・4サイクル・V型2気筒 / DOHC・4バルブ
総排気量 1,036cm3
内径×行程 / 圧縮比 100.0mm × 66.0mm / 11.5:1
最高出力 ※5 78kW〈106PS〉 / 8,500rpm
最大トルク ※5 99N・m〈10.1kgf・m〉 / 6,000rpm
燃料供給装置 フューエルインジェクションシステム
始動方式 セルフ式
点火方式 フルトランジスタ式
潤滑方式 ウェットサンプ式
潤滑油容量 3.5L
燃料タンク容量 20L
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1速 3.000
2速 1.933
3速 1.500
4速 1.227
5速 1.086
6速 1.000
減速比(1次 / 2次) 1.838 / 2.411
フレーム形式 ダイヤモンド
キャスター / トレール 25゜40' / 110mm
ブレーキ形式(前 / 後) 油圧式ダブルディスク(ABS)・油圧式シングルディスク(ABS)
タイヤサイズ(前 / 後) 110/80R19 M/C 59V・150/70R17 M/C 69V
舵取り角左右 36°
乗車定員 2名
排出ガス基準 令和2年国内排出ガス規制に対応

 

・ツーソン特価:お問い合わせください
・メーカー希望小売価格:1,430,000円(税込)
ホームページを見たとお気軽にお電話ください!(075-601-9190)

  • メーカー希望小売価格には、保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません。
  • メーカー希望小売価格は参考価格です。販売価格は各販売店が独自に定めていますので、詳しくは販売店にお問い合わせ下さい。
  • メーカー希望小売価格は消費税10%にもとづく価格です。
  • 製造事業者:スズキモーターサイクルインディア社
  • 製造国:インド
  • 輸入事業者:スズキ株式会社

  • 装備重量は、燃料・潤滑油・バッテリー液を含む総重量となります。
  • 燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。
  • 定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です。
  • WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます。
  • エンジン出力表示は「PS/rpm」から「kW/rpm」へ、トルク表示は、「kgf・m/rpm」から「N・m/rpm」へ切り替わりました。〈 〉内は、旧単位での参考値です。
  • 車体色はモニター表示のため、実物とは異なる場合があります。
  • この仕様は改良のため予告なく変更する場合があります。
  • 掲載写真には、合成または、特別に許可を得て撮影したものが含まれます。